t-leon のすべての投稿

トレーディングで大切なこと

みなさんこんにちわ!

小林です。

今日はトレーディングについて基礎的な事を理解できるように

この記事を見ればとりあえずトレードで資金を稼ぐ準備ができるようにお伝えしたいと思います。

まずFXやトレードについてどんなイメージを持っているかは人それぞれ違うと思いますが、はじめに一つだけお伝えしておきたい事があります。

それは

 

続きを読む トレーディングで大切なこと

書籍を出版しました。

本を出版させていただきました。

別に本を出したいなんて微塵も思っていませんでしたが

せっかくですので、少しでもトレーディングの魅力や、皆さんのなにかのプラスになれば嬉しいです。

まだまだお伝えしたいことはたくさんあるので引き続き定期的に増版して内容をアップデートしていきますのでお楽しみください(^^♪

8月24日(金)マーケットレポート

みなさんおはようございます(^^♪
今週も週末金曜日のマーケットレポートをお届け致します。
それではよろしくお願いします!
8月24日9 時28分 現在の相場を見ています。
マーケットレポート
現在レート 111.379
フレームワーク
【相場の方向性】
日足 下目線から上へ
4H  上
1H     上
15M 上
直近のフェーズ
トレンドフェーズ
【現在エントリーした時のロスカットポイント】
buyの場合
・直前安値にバッファ111.304
・朝方のレンジ水準。直前々安値にバッファ 111.197
sellの場合
・直前天井バッファ111.440
・1Hベース前回天井、日足前回高値に余裕を持たせた上 111.550
【ターゲット目安】
buyの場合
・直前高値ブレイクを利用した利食い 111.440
・エントリーから10pips程度で利食い
・ホールド
sellの場合
・朝方のレンジ水準。直前々安値の少し上 111.230
・pivot、1Hベース25MA収縮のポイント 111.080
・ホールド、4Hベースの25MAの収縮のポイント。ストキャスの買われ過ぎ水準が、売られ過ぎの水準に達した程度の目安
注目材料
21:30   USD コア耐久財受注 (前月比) (7月) 0.5% 0.2%
21:30   USD 耐久財受注 (前月比) (7月) -0.5% 0.8%
21:30   USD 軍事費を除いた耐久財 (前月比) (7月) 0.8% 1.3%
21:30   USD コア資本財受注(非国防、航空機を除く) (前月比) (7月) 0.4% 0.2%
未定   USD アメリカ ジャクソンホール シンポジウム   
23:00   USD FRBパウエル議長発言 


オプション情報
112.00円 売り、OP27日NYカット
111.60-80円 断続的に売り
111.40-50円 断続的に売り・超えるとストップロス買い
111.29円 8/23 6:00現在(8/23 高値111.32円 - 安値110.52円)
110.70円 買い
一言
今週のドル円は月曜を除き結果的に4連騰で強い上昇となった。 先週の日足ベースの流れでは切り下げていたので、11.437の前回高値を破らない限りは、
依然として大局の流れは下目線でみていた。しかしながら今週の上昇で一旦フェーズを変えた。この上昇の強さをみて必ずフェーズを分けて考える必要がある。
少なくとも日足ベースの流れは今週の上昇が前回高値をブレイクした事から下目線から上への方向感を読み取る必要がある。
109.750の日足ベースの前回安値を大底にして、一旦下がっても切り上げて上に向かう可能性が大局の流れとして大いにある。
以上を踏まえた上で直近の時間を見ていくと現在大底から1.6円の上昇。明らかな上昇トレンド。こうなった場合、各テクニカル指標が行き過ぎ感を表しても全く機能しない。
セオリー通り基本は順張りで買い目線。しかし今から買うのであれば、もちろん大きくみたらトレンドに遅れて入っている事を忘れてはいけない。なので利食いは欲張らず短め。
10pips程度で十分。トレンドが続くかぎり明確な意味のあるロスカットの近くで押し目やレンジの有利な位置で入ってTPは短め。
基本はトレンドが続く限り上目線でレンジや明確な前回安値をブレイクしたところで初めて一旦の下落転換を疑うくらいで良いだろう。その時は果敢にショートで入りたい。
利食いの目安はpivot 、1Hベース25MAの収斂のポイント。もう一つ伸ばすなら4Hベースの25MAのポイント。大局の流れは上なので利食いの目途はしっかり決めたショートでいいと思う。
いずれにせよ今は明らかなトレンドなので基本は有利な位置でロング、TP短めの繰り返し。ブレイクを起こしたら下目線。大局の流れは上。
以上です。
これをもとに取引をしても余計な先入観が入ってしまいますので、あくまで相場に対しての見方の参考にお使いください。トレードを終えてから見て復習にお使いしてもいいかもしれません
※最終的には常にご自身の頭で考えて、トレードを重ねていく方が皆様の上達にプラスになるかと思います。各自が有効に本レポートをお使いいただければ幸いです。
過去のマーケットレポートはサイト内にもupしてますので、こちらからご覧ください。→http://traders-web.club/マーケットレポート/

8月17日(金)マーケットレポート

みなさん、おはようございます!
今日は週末金曜の東証前の相場を見ています。
それでは本日もよろしくお願いします(^^♪
8月17日 8時36分 現在の相場を見ています。
マーケットレポート
現在レート 110.956
フレームワーク
【相場の方向性】
日足 下
4H  上
1H     上
15M 上
直近のフェーズ
レンジ、乱高下フェーズ
【現在エントリーした時のロスカットポイント】
buyの場合
・直前安値 110.758
・直前前安値 110.686
・大底110.448
sellの場合
・直前高値110.109にバッファ少し上
・1Hベース直近天井110.450の少し上
【ターゲット目安】
buyの場合
・直前高値の少し下 110.050程度
・直前高値更新のブレイクアウトの値動きを利用した利食い 111.109~111.150。 R1付近
・天井の少し下 111.245~111.450or安値を切り上げてホールド
sellの場合
・直前安値の少し上 110.800 pivot 近辺
・s1の少し上。 昨日の夜の強い下落で付けた安値 の少し上 110.600
・大底の少し上110.530
注目材料
23:00 Us

アメリカ・景気先行指数

Star fillStar fillStar emptyStar emptyStar empty -10.7pips 0.5% 0.4%
23:00 Us

アメリカ・ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)

Star fillStar fillStar fillStar fillStar empty +0.4pips 97.9 98.0

オプション情報

111.50-90円 断続的に売り
111.20-30円 断続的に売り
111.00円 OP20日NYカット
110.90円 8/17 6:00現在(8/16高値111.12円 - 安値110.46円)
110.50円 買い、OP17日NYカット大きめ
110.40円 買い・割り込むとストップロス売り
一言
昨日のドル円は午前から欧州タイムで上昇し、NYの午前は一旦下げて大底の重要な節目はしっかり切り上げて急騰。昨日のNYダウ、S&P,欧州の市場も堅調で上昇。昨今のトルコリラも一旦下落局面が終えて反発した。
大局の流れを見ると日足ベースでは依然として下の方向しかしそれ以下の時間軸は全て上に向きつつある。日足の値動きの型を見ると直前天井の113.174から一回切り下げて25MAの下で現在推移している。なのでやはり基本的にはこの日足の直前高値の112.142をブレイクしない限りは下目線が正しいだろう。上昇に目線に変えるのは上昇の反発の戻しがどの程度くるか次第で変えるくらいで問題ないので基本的にはまだ下目線。天井113.174から112.142の直前高値を結んだトレンドラインが一つの抵抗になる。
以上を踏まえた上で見ていくと直近の15M足は上。基本は直近のトレンドをフォローするのでやはり現在は上目線で入るのがシナリただ今すぐ入るのではなく一旦下がった押し目で必ず入る事。
今は待つのが正解。上昇の抵抗の目安は直前の天井111.109.pivot のR1付近。
ちょうどR1付近の111.165辺りが日足ベースの 天井113.174から112.142の直前高値を結んだトレンドラインの抵抗水準にあるのでそれまでは上昇をみてもいいと思う。
いずれにせよ基本は直近の値動きに従ってロング目線日足の節目に近付く辺りで少し逆のシナリオを疑いつつ直近のトレンドにフォローする程度がちょうどいい。
今のところ有利な位置ではいれるまで待つ。押し目がきたらロングが無難なシナリオとなる
以上です。
これをもとに取引をしても余計な先入観が入ってしまいますので、あくまで相場に対しての見方の参考にお使いください。トレードを終えてから見て復習にお使いしてもいいかもしれません
※最終的には常にご自身の頭で考えて、トレードを重ねていく方が皆様の上達にプラスになるかと思います。各自が有効に本レポートをお使いいただければ幸いです。
過去のマーケットレポートはサイト内にもupしてますので、こちらからご覧ください。→http://traders-web.club/マーケットレポート/

8月10日(金)マーケットレポート

みなさんこんにちわ!週末金曜日のマーケットレポートをお届けします。
8月10日15 時12分 現在の相場を見ています。
マーケットレポート
現在レート 111.017
フレームワーク
【相場の方向性】
日足 レンジ
4H  下
1H     乱高下
15M 上
直近のフェーズ
トレンド
【現在エントリーした時のロスカットポイント】
buyの場合
・直前安値110.672にバッファ
・25MAの下の辺り110.855
sellの場合
・現在の上昇 上ヒゲが反発ポイントとした場合111.110付近
・直前の天井。3点の天井になってる上値の節目 111.186にバッファ
【ターゲット目安】
buyの場合
・3点天井の少し下 111.110
・天井のブレイク上値更新の水準 111.240
sellの場合
・現在の上昇波の押し目水準 フィボナッチ38.7%戻しの辺り110.930
・ 現在の上昇波の押し目水準 フィボナッチ61.8%戻しの辺り 110.820
オプション情報
111.30-50円 断続的に売り
111.20円 売り・超えるとストップロス買い
111.08円 8/10 6:03現在(8/9 高値111.18円 - 安値110.71円)
110.70円 買い・割り込むとストップロス売り

 

注目材料
21:30 Us

アメリカ・消費者物価指数(前月比/前年比/コア・前月比/コア・前年比)

Star fillStar fillStar fillStar fillStar empty +1.1pips 0.1% 0.2%
2.9% 2.9%
0.2% 0.2%
2.3% 2.3%

 

一言
今週の相場はやや下落した動きで推移している。まずいつも通り日足ベースの値動きから見ていくと、日足では今までの上昇のムードは終えて切り下げ、レンジの形となっている。
日足での明確な節目を見るとやはり110.690の前回安値と前回の直前高値の112.090の2つのポイントである。直近のテーマはこの2点をどちらに抜けるかというポイントである
このまますんなり、今日、来週にかけて下にブレイクダウンしていくなら下落トレンドの開始。又は一旦反発してレンジ、上方向に転じるかによって大局の方向感を判断していきたい。
以上を踏まえたうえで直近の値動きを見ていくと現在大底の110.693でしっかり反発して相当強い買いが入って上昇している形である。この上へのプライスアクションを見るに上を目指していくのが現在は無難である。ただ今現在、ただ上がっているから買うという事は絶対にしてはいけない。買うならしっかり下がった押し目の水準でロングをしていきたい。
押し目の一つの目安としては 25MAの水準110.900辺りもう一つ深く調整するのであればフィボナッチ61%の水準110.820辺りが目安になる。それ以上下がる事はあまりないと思うがもしもっと下に行くようであれば一旦様子をみてからエントリーをするのが良い。
いずれにせよ 直近は上目線で押し目が作られて正しいロスカットの意味のある水準 ができたところで押し目のBUYが今現段階では最も有効なシナリオである
ターゲットの目安は買いが急激だったため短めに111.095の直前高値更新のブレイク下あたりでいいと思う。欲張っていくならトレイディングストップで取れるところまで追うくらいでいいだろう。急騰している分反発の可能性も高いので利食いは欲張らず短め。
4Hベースではまだ下落のトレンドなので下への可能性も頭の片隅に入れてしっかりと節目を意識し、直近の値動きの方向に沿ってエントリーをしていく事。
以上です。
これをもとに取引をしても余計な先入観が入ってしまいますので、あくまで相場に対しての見方の参考にお使いください。トレードを終えてから見て復習にお使いしてもいいかもしれません
※最終的には常にご自身の頭で考えて、トレードを重ねていく方が皆様の上達にプラスになるかと思います。各自が有効に本レポートをお使いいただければ幸いです。
過去のマーケットレポートはサイト内にもupしてますので、こちらからご覧ください。→http://traders-web.club/マーケットレポート/

8月3日(金)マーケットレポート

みなさんこんにちわ!
週末金曜日の相場を見ています。今日は雇用統計があります(^^
それではよろしくお願いいたします。
8月3日 12時04分 現在の相場を見ています。
マーケットレポート
現在レート 111.639
フレームワーク
【相場の方向性】
日足  上
4H   上
1H      レンジ
15M  レンジ
直近のフェーズ
レンジフェーズ
【現在エントリーした時のロスカットポイント】
buyの場合
・直前安値 にバッファ111.630
・本日安値 pivot の少し上 111.590
・1Hベース二点底 111.350
sellの場合
・直前高値111.780
・なし
・なし
【ターゲット目安】
buyの場合
・直前高値更新 111.790
・1Hベース高値112.136の下 R2付近
・雇用統計前に利食い
sellの場合
・本日安値のレンジの少し上 111.600
・2点底の少し上 111.360~111.430
・雇用統計前に利食い
オプション情報
112.20円 売り・超えるとストップロス買い
112.00円 売り、3日NYカット
111.66円 8/3 6:00現在(8/2 高値111.74円 - 安値111.32円)
111.00-30円 断続的に買い
110.90円 割り込むとストップロス売り
注目材料
21:30 Us

アメリカ・貿易収支

Star fillStar fillStar fillStar fillStar empty -12.0pips -431億ドル -465億ドル
21:30 Us

アメリカ・雇用統計(非農業部門雇用者数/失業率)

Star fillStar fillStar fillStar fillStar fill -12.0pips 21.3万人 19.3万人
4.0% 3.9%
21:30 Ca

カナダ・国際商品貿易

Star fillStar fillStar fillStar emptyStar empty -12.0pips -27.7億カナダドル -23.0億カナダドル
23:00 Us

アメリカ・ISM非製造業景気指数

Star fillStar fillStar fillStar fillStar fill +5.9pips 59.1 58.6

 

一言
今日は週末のドル円の相場。まず日足ベースの大局の流れから見ていくと先週の下落がやはり25MA近辺まできて一旦反発をして現在の111.630付近。
日足の方向性は25MAに支えられて依然として上目線である。しかし先週の上昇のあとの反発の下落の幅が今までに比べて大きく下がっているのでここからレンジや下落フェーズのシナリオも大いに考えられる。いずれにせよ日足ベースのひとつの節目は前回安値を付けた111.569このレートを切り上げるのか、切り下げるのか、ここを守ってしばらくレンジをガチャガチャやった
あとどちらかにいくか。以上の3つのシナリオを頭に入れて相場を見ていきたい今日の雇用統計後の結果を受けてどちらかに傾く可能性は高い。
直近のチャートを見ていくと雇用統計前という事もあり現在上下17.4pipsと値動き薄め。朝方のレンジから少し上に行くがそのまま上がれずにレンジ。一つ上の1Hベースの値動きを見ると、陰線の下髭を付けてたところと昨日の最安値付近の111.360付近で2点底を作ってやや上昇基調のところを見ると、このまま下落よりは111.360の2点底を守って上に行く方が可能性としては考えられる時間帯的に今すぐ上昇は考えずらいので上にいくにしてももう少しガチャガチャしてからだと思う。
もちろん下にいく可能性もあるので下も同様に考えていく。直前安値をブレイクダウンしているので111.660のブレイクダウンのショートも悪くない。ターゲットの目安はやはり2点底の少し上くらいまでがベスト。
いずれにせよ今日は雇用統計なので材料前は直近の値動きの方向感に沿って利食いは短め。材料後は発表直後の値動きを利用したトレードとその後はトレンドに従った順張りのトレードをしていく材料トレードの基本に沿うのがセオリー。
それを踏まえて週明けの日足の方向感は考えていく。
以上です。
これをもとに取引をしても余計な先入観が入ってしまいますので、あくまで相場に対しての見方の参考にお使いください。トレードを終えてから見て復習にお使いしてもいいかもしれません
※最終的には常にご自身の頭で考えて、トレードを重ねていく方が皆様の上達にプラスになるかと思います。各自が有効に本レポートをお使いいただければ幸いです。
過去のマーケットレポートはサイト内にもupしてますので、こちらからご覧ください。→http://traders-web.club/マーケットレポート/